withコロナは密を避けアウトドアで健康応援

2021年4月に入り暖かくなっても、まだまだ新型コロナウイルスの感染が落ち着く気配がありません。
多くの人が1年以上もの間、何かしらの我慢を強いられる生活を送ることになるなんて、目に見えるモノより目に見えないモノの方が恐ろしいということを痛烈に実感させられました。

桜を楽しみにかお酒を楽しみにかお花見宴会を予定されていた方々には残念な再びの感染拡大かもしれませんが、花見についてはコロナに関係なく桜の下での宴会は大反対なので、いつか収束した後も桜の下での宴会は条例などで禁止にするべきだと思っています。

ゴミの問題や騒音の問題などありますが、何よりも桜の木に悪影響を与えてしまうのです。
桜は非常にデリケートで人が触れることでも簡単に弱ってしまうし、根元を踏み固められると呼吸ができなくなり衰弱し枯れる原因にもなるのです。

今だけじゃなく後世いつまでも楽しめるよう、全体像が見えるような離れた場所からゆっくりと眺め楽しむものであってほしいと切に願います。

ついつい話がコロナから脱線しましたが、ここまで感染拡大を意識した生活が続くと、ウイルス感染じゃないところでの健康への影響を危惧している方々もどんどんと増えてきているのではないでしょうか?

健康への心配とまではいかなくても、運動不足やコミュニケーション不足を感じている人は多いと思います。

どこかでリフレッシュはしたいですよね

近年キャンプや焚火を楽しむ人口が急増しています。
密を避けた余暇の過ごし方としてキャンプを始めたりと、コロナがキャンプブームに拍車をかけています。

私が住む淡路島では緊急事態宣言が発令されていた期間でさえ、無料でテントが張れたり焚火ができるような穴場的な場所には多くの人が訪れていました。
これまでほとんど人が訪れなかった場所にコロナで人が増えた、なんてことも珍しくありません。

それが良いか悪いかはここでは置いといて、そういう風にリフレッシュしたいという気持ちは分かります。

ところで、キャンパーが増加したことでアウトドアブームともよく耳にするようになりましたが、私個人的には、キャンプや焚火についてはアウトドアというくくりには考えていません。
対外的にアウトドアブームという言葉を使用することもありますが、キャンプや焚火を楽しむ人口が増えただけの現状がアウトドアブームかというと、正直違和感を感じています。

キャンプや焚火はあくまでも『生活』のちょっとした変化であり非日常体験。
電気や水など恵まれた環境が当たり前の現代おいて、災害時に備えた生活環境の変化に対応するための訓練のようなものだという考え方です。

すみません。またまた話が脱線してしまいました。
コロナ禍の運動不足やコミュニケーション不足の話でしたね。

アウトドアアクティビティで心身の健康応援

コロナ禍で仕事がリモートワーク中心になったり、外出を控えた生活を心掛けたり、今必要なことではありますがコロナとは異なる側面から考えると、明らかに心身の健康には良くない生活を余儀なくされています。
感染拡大はもちろん防いでいく必要はあると考えていますが、『心身の健康応援』を主軸に置いて活動している者として、コロナの影響による健康二次被害の方が身近でリアルな問題として大いに気になります。

高齢者のフレイル問題がクローズアップされていますが、もっと若い世代でも運動不足から様々な悪影響が心身の健康を蝕んでいきます。

私は医者ではないので何か病にかかってしまった人の力にはなれることが少ないのですが、その前段階、運動不足を解消したいやリフレッシュしたいという段階であれば、それらを楽しみながら気持ち良く叶えていただくためなら、私でも力になれることが沢山あります。

マラニック・ハイキング・観光ウォーク・etc

私はAwaji KURUMA Baseの長岡として、淡路島を拠点に関西各地で健康的なアウトドアイベントを小規模で開催していますが、マラニックって?という人もいるかもしれませんね。

マラニックとはマラソンとピクニックを掛け合わせた造語で、タイムを競うようなランニングとは異なり、自然の風景や観光を楽しみながらのんびりと走ったり歩いたりで巡る、マラソンよりもハードルが低く体力に自信がない人でも参加しやすいアクティビティです。

同じ時間で考えた場合、ウォーキングだけよりも広範囲での活動が可能になるメリットがあり、より多くのスポットを楽しみたいという人にはマラニックがおすすめです。
楽しんでいる人は極少数ですが、気軽な自然と歴史や観光が点在している淡路島は、実はマラニックにうってつけの島なんですよ。
また、会話を楽しみながら走れるくらいの強度なので、ダイエット目的の方にもマラニックは非常におすすめです。

運動不足解消に一人黙々と走ったり歩いたりするのもいいのですが、誰かと会話を楽しみながら体を動かすということが、心身の健康にとっては大変重要なポイントなのです。

実際にどんな内容が楽しめるの?

そんな方のために、実際に開催しているイベントのタイトルを一部掲載します。
タイトルからなんとなく想像していただけるかと思いますが、リンクを貼っておきますのでタイトルから詳細を確認いただくことも可能です。
下記の他、様々な場所で様々な内容で企画開催していく予定です。

淡路島マラニック『明石海峡大橋上から見るか下から見るか』

淡路島マラニック『季節の花を満喫!淡路夢舞台で花三昧』

関西ハイキング『JR福知山線廃線敷でスタンド・バイ・ミー

関西ハイキング『ワクワクドキドキ!須磨アルプス』

神戸摩耶山ハイキング&リュックサックマーケット

【aoc】淡路島で森林浴SUP体験

現在募集中のイベント一覧はこちら(随時更新しています)
https://awaji.kuruma-base.com/event

アウトドアアクティビティをより身近に

コロナ禍でも安心して健康的に楽しんでほしい。
スポーツジムで体を動かすくらいの感覚でアウトドアを気軽に楽しんでほしい。

そのためには、ただアウトドアイベントを企画開催しそのときだけ楽しんでいただくのではなく、健康な体で健康な毎日を送っていただくために、継続的に楽しんでいただける環境を作らなくてはならないと考えました。

コロナの感染拡大や感染不安を考慮しつつ、経済的な負担となる部分を可能な限り抑え、誰でも気軽に気兼ねなく継続して参加し健康的に楽しめる環境。

毛も脳も足りない頭ですが、唯一の取柄である自由な発想と『自分以外の誰かのために』という人生の信念のもと必死に考えて、作りました!

『淡路島アウトドア倶楽部【aoc】』

ありそうでなかった、アウトドアイベントのサブスクリプションコミュニティ

淡路島と入っていますが、拠点が淡路島ということで活動(イベント)は淡路島を中心に関西各地で開催していきます。

健康的なイベントを定額(低額)で気軽に参加いただくことで身体的な健康を応援し、意識しなくてもいい程度のゆる~いコミュニティを築くことでイベント参加していく内に自然と誰かとつながりができていく、それが精神的な健康へもつながってくれればいいなと思っています。

簡単に説明すると、そんな想いから立ち上げた『淡路島アウトドア倶楽部【aoc】』なのです。

ここで記したこととダブル部分もありますが、健康的なアウトドアイベントをお得に気軽に楽しむためのコミュニティ情報は下記よりご確認いただけます。

淡路島アウトドア倶楽部【aoc】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/408050

健康な毎日と遊びの発信基地
Awaji KURUMA Base
長岡一幸

Follow me!