「歩く男」のウォーキングに関する仕事

ウォーキングコースの作成

淡路島観光協会が2021年3月頃発行『淡路島トレッキングウォーキングコースガイド』のコース作成の仕事依頼を受け、約1ヶ月半に渡り教室休みの日を利用し淡路島各地を歩き巡りました。
※予定通り2021年3月に完成し関西各地のスポーツショップなどに配布されています。(3/11追記)

そして、そのコースの各所でクイーン淡路の方々をモデルとしガイド用の撮影が行われました。

コース作成は観光協会が提案するポイントとなる場所と、その地域で私が歩くのに適していると判断した場所とを組み合わせ、それらを地図上でつなぎ一つのコースを考えることろから始まり、次に実際に現地に足を運び気になるポイントを確認してより楽しめるであろうルートを探る、そして最後にスタートからゴールまで通して歩きコースのログを取得するという、なかなかに地味で根気と体力を必要とする作業です。
ウォーキングガイドの仕事として私が請け負った作業は他にもありますが、やはりフィールドワークなくしては他の作業も考えられません。

しかし、そんな地道な仕事も自分で何かを考え行動するのが好きな私はけっこう楽しめてしまうのです。
初めての道を一人一日中歩き回るのも、ワクワクしながら楽しめてしまうのです。

また、同じウォーキングコース作成の仕事でも少し趣が異なるのが、テレワークの普及もあり注目されている、『ワーケーション』で使用するウォーキングコースの作成。

地域の魅力を知ってもらうきっかけとしても、ワーケーションで訪れた方々にウォーキングを楽しんでいただくというのは実に効果的です。

ウォーキングの効果、楽しみ方を伝える

ワーケーションのウォーキングではコース作成以外に、ウォーキングによる効果などをまとめてほしいというご依頼も受け対応しました。
誰でも気軽に楽しめるウォーキングですが、どのように歩くかで身体的にも心理的にも効果が変わってきます。
いつでもどこでも特別な準備も必要とせず行えるウォーキングですが、どこを歩くかだけでも体や脳の喜び方が変化したり、五感を意識するだけで格段に歩くことが楽しくなったり、意外と奥が深いものなのです。

身体的な健康面への効果はもちろん、仕事に結びつくような脳の働きや心の状態にも作用し、ワーケーションのプログラムとして取り入れるのにももってこいなのが、ウォーキングなのです。

ウォーキング仕事の今後の展開

私自身歩くことも新たな挑戦も好きなので、ウォーキングに関することであれば、リアルに歩く歩かないにかかわらず今後も様々な要望に応じていこうと考えています。

新型コロナウイルスの影響や働き方の変化、ゲームやスマホの普及などにより、子供から大人まで世代に関係なく運動機会が減少しています。
運動不足は免疫力が低下したりイライラしやすくなったりと体の健康にも心の健康にもマイナスですが、ちょっとした意識や行動の変化で健康的に暮らすことが可能です。

そのためのきっかけ作りとしても、歩くことの大切さや楽しさを伝える活動を、自主発信やご依頼対応など様々なかたちで行っていきたいと思っています。
ウォーキングイベントで一緒に歩いて楽しさや気持ち良さを体感してもらうことはもちろん、さらにもう一歩踏み込んでワーケーションでのウォーキングのように、ウォーキングの効果や楽しみ方を学業で疲れた子供や仕事で疲れた大人まで幅広く伝えることも、行いたい活動の一つです。

コロナ禍で健康への意識をより強く向ける必要があるにもかかわらず、目に見えないウイルスからいかに逃げるかばかりがクローズアップされる結果不健康な生活となり、このままでは健康二次被害の心配の方が重大になってしまいます。
3密を避けながら健康的に楽しめるものとして、誰もが知っているけど意外と知らないことも多い『歩く』ということについて多くの人に伝え、健やかな毎日を応援していきたいと思います。

Awaji KURUMA Base
長岡一幸


Follow me!